無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。

2007年01月10日

【名誉】 名こそ惜しけれ

古来、名誉は武士にとって命より重い物であった。
名誉を保つことで、いかなる欠乏をも辞せず、身体的もしくは精神的苦痛の最も厳酷なる試練にも耐えた。
名誉こそ青年の追い求めし目標であった。

日蓮聖人の教えに「百二十まで持ちて名を腐して死せんよりは生きて一日なりとも名を上げんことこそ大切なれ」。

人の寿命は限りがあります。自然界から見ると草の露が朝日を浴びて蒸発するほどの短い時間です。

しかし、名前は死後も残る。人の世の続く限り、永遠に消えることは無い。
地位や財産は死んだ後は、他人の物となる。
名前は死んだ後も永遠に自分の物である。

名前の価値は生前の行動で決まる。汚名を残すのか、誇り高き名を残すのか
現在生を受けている、一挙手一投足が大事になる。
「体面を汚すぞ」「恥ずかしくないのか」「笑われるぞ」「親の顔に泥をかけるな」恥をかくことは、死より恐れることである。

名前は自分にとって、最高の財産である。その財産を汚さぬため行動を正す事は自身の名誉となる。トップページに戻る
http://nno149max.seesaa.net/


健康食の鉄人NOTE〜【め◆め】
http://nno150max.seesaa.net/

広島カープは元気ハツラツ?!
http://nno149maxcarp.seesaa.net/
posted by shippuu2002 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。